yosukeの競馬予想BLOG

競馬の予想をメインとした内容となっております!

【未勝利戦を制す!】20191207

こんばんわ!

yosukeです。

 

 

f:id:youzoukun:20191126095018p:plain

【注目未勝利馬】

中山3R 芝1600M

 

「ミルキーハート」

鞍上予定:木幡巧也騎手

 【注目点】

前走結果としては、3着でしたが

最終コーナー手前で、落馬した(空馬)に寄られる不利を受け、外側に回った分ロスが生まれて、勝利を逃す形となってしまいました。

結果論ですが、ロスがなければ

 

スタートが上手なので、前走のように前目で

競馬ができれば、押しきれる力はあると思います。

 

「ミルキーハート」を、未勝利戦注目馬として、ピックアップします!

 

以上が、未勝利戦注目馬の記事となります。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

よかったと思ったらをクリックいただけると幸いです!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【中日新聞杯(G3)】最終予想

こんばんわ!

yosukeです。

 

本記事は、重賞「中日新聞杯」の最終予想と、見解についての内容です。

 

 

まずは枠順です。

f:id:youzoukun:20191206104741p:plain

第55回中日新聞杯GIII) 2019年12月7日(土) 15:35発走

 

 

 

 

 

 

 

2019 中日新聞杯

最終予想

 

 

 本命は◎「カヴァル」

新潟記念で11着で大敗を喫した、前走からのステップとなります。

レース映像(新潟記念)を見る限り、最後の直線で前が壁になってしまい詰まって、終いの良い脚を使えておりません。

本来は、上がり3Fのラップタイムで早い時計を出せる馬なんですよね。

中日新聞杯においては、見直す価値は十分にあると思っております。

 

 

同コースの「マレーシアカップ」のレース

内容が良いんですよね~。

 

前半1000Mの走破時計が、「1.02.7」のスローペースと後続の馬にとっては

かなり厳しい展開の中、上がり3Fのラップタイム「33.4」を使い、差し切り勝ち。

後続で進めていた馬の中で唯一、台頭してきた馬です。

なおかつ、今回の人気馬「サトノソルタス」出走していたのですが、7着に沈んでいます。

 

その他プラス材料としては、

レース間隔が10週以上空くと、【2,2,0,0】と連対率100%と好成績

ハンデも、前走とスライドで「54Kg」と、恩恵を受けれます。

 

2~3歳の間の若駒の間は勝ち味の遅い馬でしたが、

古馬になってからは「3連勝」と着実に成長を遂げており、心身ともに充実期に突入していると考えます。

 

懸念は時計が「時計が早くなったら対応できるのかどうか。」、「馬体が減っていないか。」等は懸念ですが、中日新聞杯本命は

「カヴァル」で!

エイシンフラッシュ産駒初の重賞勝ちとなれ!

 

 

 

 

 

 

 

対抗は、「アイスバブル」

本命にしたカヴァル同様に、前走11着大敗からのステップ。

スタートの出遅れが痛かったですね。最後までリズムよく、走ることが出来ませんでした。休み空けの影響もあったのかな?

 

本来は、先行~中団でポジションを取り、長くいい脚を使うのがこの馬のスタイル。

 

血統面は、

前回記事にしたように、中日新聞杯の過去5年で、ディープインパクト産駒が4勝」と、アイスバブルも

ディープインパクト産駒なので、好走条件に該当。

 

中京コースも、【1.1.0.0】と、得意。

 

ここ、2戦と掲示板外の着順となっていますが、この1戦は見直しに期待。鞍上もスミヨンを確保し、勝負気配が高いとみて

 対抗は「アイスバブル」で。

 

 

 

 

単穴▲は「ロードヴァンドール」

▲評価にした、理由はシンプルに言うと「スローで逃げれば残れそうだから。」

 

2年前の同レース、そして2017年3月の「金鯱賞」では、現に「前半ラップ1.00秒台」

のスローペースで逃げを展開し、いずれも馬券内に入線しています。

相手も今回は手頃なメンバーですし、得意な展開に持ち込めれば馬券内入線期待!

勝ち負けは厳しいかとは思いますが!

 

とはいいつつ、同脚質の「タニノフランケル」が出走するので、逃げれなかったらどうしよう。。

 

 

 

△評価にマイネルサーパス」「ショウナンバッハ」「アイスストーム」とします。

 

 

 

以上が、最終予想と各馬の見解です。

 

 

最後までお付き合い頂きありがとうございます!

 

参考にいただければ、幸いです。

 

よかったと思ったらをクリックいただけると幸いです!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【阪神ジュベナイルフィリーズ】予想ポイント

どうも!

yosukeです。

 

今回は、今週開催の2歳G1「阪神ジュベナイルフィリーズ」の予想ポイントの記事

を投稿します。ぜひ、最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

 

現段階の想定オッズでは、 ※2019/12/04時点

1人気 リアアメリア 1.7倍

2人気 ウーマンズハート 3.1倍

3人気 クラヴァシュドール 4.7倍

 

パッと見で、俗に言う「3強」オッズになっております。

 

f:id:youzoukun:20191130202735p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

【前走は○○競馬場の場合好走率が高い】

 

【2014年】

ショウナンアデラ
レッツゴードンキ
ココロノアイ

 

【2015年】
メジャーエンブレム
ウインファビラス

 

【2016年】

ソウルスターリング
リスグラシュー
レーヌミノル

 

【2017年】

ラッキーライラック
マウレア

 

【2018年】

クロノジュネシス
ビーチサンバ

 

上記の馬達に、いずれも共通点があります。

 

 

 

 

共通点は、前走が東京競馬場

何故、前走が東京競馬場組が多いのかと、疑問に思われる方がいらっしゃる方と思うので、過去に東スポ杯2歳ステークスの記事で、東京競馬場で好走する馬は、舞台が阪神競馬場に変わっても、「好走できる」と書いたことがあります。

理由は↓の記事で。

 

youzoukun.hatenadiary.jp

 

 

 

 

阪神競馬場外回りコース、そして東京競馬場ともに、

「広いコース」を使用。そして最後の直線が長く

坂がある。

f:id:youzoukun:20191130221244p:plain

f:id:youzoukun:20191204132832p:plain

 

 

ペースもスローで流れることが多く、最後の直線の攻防で

馬の能力が問われ、「決めてのある」馬が制する(上がり3Fの脚がしっかり使える)パターンが多い。

 

なので、東京競馬場で上がりのタイムが使え、決めてのある馬は今回の舞台となる、阪神外回りコースでも、共通点が多いので好走することができるというのが、私の

理論です。

 

 

 

裏を返せば、前走東京競馬場以外はデータ的には不利といえます。

※2018年はダノンファンタジーは前走京都で阪神ジュベナイルフィリーズ

制していますが、

 

脚質も、「中団もしくは後方」の差し、追い込み脚質がオススメ。

 

ただ、先週の阪神競馬場は、好タイム連発の高速馬場になっており、先行馬が止まらずに残る可能性もあるので、当日の馬場状態のチェックが必要。

 

阪神1600Mはディープの庭】

※20190629~20191201までの集計

 

半年間の集計となりますが、ディープインパクト産駒は

【5,1,1,4】と、勝率だけでも、45.5%、複勝率63.6%と

好成績。

 

上位人気馬の「ウーマンズハート」「クラヴァシュドール」

の父、ハーツクライ産駒の阪神1600M成績は

【1,0,0,6】とサンプル数は少ないですが、得意としている条件とは言えません。

 

一方、個人的に阪神1600Mの得意のイメージがある、「ダイワメジャー」産駒を調べた結果、【1,0,1,9】複勝率は18.2%と低い数値になっておりました。

 

直近、半年間の成績をディープが優秀。

 

 

 

2歳重賞と言えば中内田

 

 

2歳戦と言えば、「中内田厩舎」

競馬ファンの方ならご存じかもしれませんが、最近はトレンド化しているかと思っています。

 

実績も素晴らしく

2017年 ダノンプレミアム

 

2018年 ダノンファンタジー

2年連続で、管理馬が、勝利を挙げています。

 


f:id:youzoukun:20191130221645j:image

 


f:id:youzoukun:20191130221715j:image

 

 

 

 

今年も、「アルテミスステークス」を制した

「リアアメリア」

サウジアラビアカップ」では、2歳牡馬最強クラスのサリオスに詰め寄った

「クラヴァシュドール」

 

両馬ともに、今回のレースは有力馬の取扱いとなりそうです。

 

今年も、2歳戦に強い「中内田厩舎の管理馬」に注目です。

さらに言うと、中内田調教師×川田騎手のコンビは相性抜群

 

 

【直近は堅め決着】

直近3年は【1人気~4人気】の範囲で決着しており、近年は堅めの決着が多い。

要は、実力通りに決着している背景となっております。

 

今年も「3強」と世間では、言われておりますが

さて今年はどうなるでしょうか。

 

 

 

予想ポイントまとめ

前走が東京競馬場」 組の好走率高め

2歳戦といえば中内田厩舎

■配当について、直近は堅め決着。人気に逆らわない方がよいのか。

 

以上が、阪神ジュベナイルフィリーズの予想ポイントとなります。

 

最終追い切りや枠順確定後に最終予想をアップします。

よかったと思ったらクリックを

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

 

 

押して頂ければ幸いです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

それでは、また!

 

 

 

 

【カペラステークス】予想ポイント

こんにちは!

yosukeです。

 

今回は、「カペラステークス」の予想ポイントを投稿します。

最後までお付き合い頂ければ幸いです。

 

クリックいただけると幸いです!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

 

 

f:id:youzoukun:20191130214953p:plain

 

 

 

 

 

 

好走血統

米国型ミスプロ系とヴァイスリージェント

 

2018年 1着、父方に「ヴァイスリージェント」2着、母方に「ヴァイスリージェント

 

2017年 1着、父方に「ヴァイスリージェント

 

2016年1着、母方に「ヴァイスリージェント」2着、母方に「米国型ミスプロ」3着に「米国型ミスプロ4×3クロス

 

 

過去3年の血統だけみると、

ヴァイスリージェント」及び、「米国型ミスプロ」が馬券の中心となっております。

米国型のスピードタイプが狙い目!

 

 

1番人気に危険信号!?

前年、コパノキッキングが1人気で勝利を収めていますが、

過去10年【1,1,1,7】勝率10% 複勝率30%

と、人気とは、裏腹に信頼できる数値ではありません

 

f:id:youzoukun:20191204160417p:plain

 

危険信号が出ている、1人気の取捨をどうするかも、予想をする上でキーとなりそう。

 

【高齢馬 大奮闘!】

2018年 

3着キタサンミカヅキ 8歳

2017年

2着スノードラゴン 9歳

2015年

3着マルカフリート 9歳

2013年

3着シルクフォーチュン

 

若いもんには、負けておれん!と高齢馬が激走するパターンもあり

f:id:youzoukun:20191204155823p:plain

 

 

 

カペラステークスにおいては、高齢馬にもポイントを置きたい。

 

 

【1枠1番に注目】

過去10年で、まず1枠は4勝

そして1枠1番で、成績を絞ると、【3,1,1,5】複勝率は50%で安定した成績を残しています。

今年も、「1枠1番」に要注目

 

予想ポイントまとめ

カペラステークス 2019~

◆直近3年の、好走血統は「ヴァイスリージェント系」もしくは、「ミスプロ系」の米国型血統

 

◆1番人気、信頼度の数値が低いため、取捨選択が重要

 

◆「1枠」の好走率高め、特に「1枠1番」は、過去10年で、複勝率50%

 

以上が「カペラステークス」の予想ポイントです!

 

最終追い切り、枠順確定後に予想を投稿します!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想サイトへ
にほんブログ村

 

 

それでは、また!

【中日新聞杯】予想ポイント

こんにちは!

yosukeです。

 

今回は、「中日新聞杯」の予想ポイントを投稿します。

最後までお付き合い頂ければ幸いです。

 

こちらもクリックいただけると幸いです!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

f:id:youzoukun:20191130203528p:plain

 

 

 

 

 

【下位人気馬の逆襲!?】

過去データを探っていくと、「下位人気馬」の台頭が目立っています。

【集計 2011年~2018年  ※5人気以下】

2018年

2着ショウナンバッハ 12人気

3着 ストロングタイタン7人気

 

2016年 

2着ファントムライト 9人気

3着レコンダイト 13人気

 

2015年

3着マイネルミラノ 6人気

 

2014年 

1着マーティンボロ 11人気

 

2012年

1着 スマートギア 6人気

2着 ダンツホウテイ 9人気

 

2011年

1着 コスモファントム 11人気

 

人気薄の穴馬が、馬券に絡みやすく、

穴党の方々にとってはもってこい!のレース。

3連系の馬券では高配当も狙えそう。

 

【過去5年で、ディープインパクト産駒が○勝】

2014年~2018年の期間の5年間、ディープインパクト産駒が「4勝

勝率は75%!

今年も、「アイスバブル」「サトノガーネット」「サトノソルタス」の3頭が

出走予定なので要注目。

 

 【活躍年代は3歳と4歳】

3歳【2,1,2,8】複勝率38.5%

4歳【3,3,3,25】複勝率26.5%

と他の年代の成績と比較すると、馬券の中心は3.4歳となっております。

 

 

 

牝馬は苦戦】

過去10年で、馬券に絡んだのは、「ラキシス」の1頭のみ。

 

(2009年~2018年迄の集計結果)

【0,1,0,10】

と成績が示すように牝馬にとっては、厳しいレースとなっております。

牝馬の取扱いに注意!

 

 

 

 【枠順、7枠はラッキー◎◎】

枠順が「7枠」に入ると、2013年以降なんと6年連続で、馬券内に来ており、今年も馬券内に来ると、7年連続となります

 

 今年も、ラッキーセブン枠となるか!

 

 

予想ポイントまとめ

◆下位人気馬が台頭するレース

ディープインパクト産駒が好成績

◆枠順7枠は好成績

 

以上が「中日新聞杯」の予想ポイントとなります。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました!

 

最終追い切り、枠順確定後に予想を投稿します!

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想サイトへ
にほんブログ村

 

 

 

それでは、また!

【チャンピオンズカップ】レース結果と振り返り

どうも!

yosukeです。

 

 

本記事は、第20回G1【チャンピオンズカップ】レース結果と振り返りの内容となります。

最後までお付き合い頂ければ幸いです。

 

 それでは、早速レースを振り返っていきたいと思います。

 

 

f:id:youzoukun:20191130100913p:plain

 

 

 

レース 内容

【レース序盤】

インティが好スタート!予測通り先頭に立ち、レースを引っ張る展開。この時点でよしよしと思いながら、そしてテーオーエナジーが外側から、前へ進出し2番手。

そして、クリソベリルとロンドンタウンが続き、ゴールドドリームが5番手へ。

徐々に隊列が出来ていきます。

 

【レース中盤】

前半1000Mは、1.00.8のタイムで流れ、完全にインティのペース。

2番手にテーオーエナジー 3番手クリソベリル

そしてロンドンタウンが4番手、序盤と隊列はさほど変わらず、特に仕掛ける馬もいなく、最終コーナーを向かえます。

 

 

 

【レース後半】

最後の直線へと入り、インティが依然先頭をキープ。手応えもまだまだ楽そう。2番手のテーオーエナジーは、後退

 

ゴールドドリームもポジションを上げていき、そして最内のクリソベリルも抜け出し

を図ります。

もう1頭内側にいた、チュウワウィザードも仕掛けるが前が壁となってしまい、抜け出しが遅れる。(福永さん、、、)

後方にいた、オメガパフューム、ウェスタールンドも追い込んでくるがさすがに、届かないか。

 

残り、100Mを切ったところでインティのリードが無くなり、クリソベリル、ゴールドドリームが共に先頭に並び、そして

 

 

決着の時

最後は、インティ、ゴールドドリームの間を割ってきた、クリソベリルが1着でゴールイン。

2着にゴールドドリーム、3着インティと入線

 

タイムは、「1:48.5」と良馬場にも関わらず好時計を計測したハイレベルな1戦となり、今年G1未勝利だった川田騎手は、渾身の騎乗を魅せ今季初勝利。

 

武豊騎手も、絶妙な逃げを展開しインティを気持ちよく走らせ、最後は捕まった形となりましたが、さすが武豊と言わざるをえないパフォーマンスでした。

 

もちろん、ゴールドドリーム騎乗のルメール騎手も完ぺきなエスコートでしたが、

 

 

 

予想結果

 【予想結果】

本命◎:ゴールドドリーム→2着

対抗〇:インティ→3着

単穴▲ウェスタールンド→9着

オメガパフューム→6着

サトノティターン→15着

チュウワウィザード→4着

 

自信を持って、消したクリソべリルが1着!!

 

youzoukun.hatenadiary.jp

 

 

最終予想ブログで、記述したように「クリソベリル」は切ったので、馬券は外れです。

いやーアホだ。ほんと、、


f:id:youzoukun:20191202085512j:image

 

 

てな、感じで【第20回チャンピオンズカップ】レース結果と振り返りの内容でした。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 よかったと思ったらをクリックいただけると幸いです!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

さて、今週は2歳G1「阪神ジュベナイルフィリーズ」そして海外では、香港G1と

非常に楽しみな週末となりそうです。

それではまた!

 

 

 

 

 

G1【チャンピオンズカップ】最終予想

こんばんわ!

yosukeです。

 

本記事は、G1「チャンピオンズカップ」の最終予想と、見解についての内容です。

 

まずは、枠順となります。

f:id:youzoukun:20191128201733p:plain

第20回チャンピオンズカップ(GI) 2019年12月1日(日) 15:30発走

 

そして最終予想です。 

とその前に!

 

 

 

 

 

~人気馬クリソベリルは消します!~

「5戦5勝」と、文句のつけようがない成績を残しているのは事実で、前回の古馬と初対戦となった、日本TV盃 は2着のロンドンタウンとは4馬身を付ける圧勝でチャンピオンズカップの舞台に臨んできます。

 

しかし、おこがましいですがケチをつけます。

 

【ケチをつける理由】

■歴代好走馬の条件、前走地方G1ではない事。

 

そして、古馬ダートの一線級とまだ対戦キャリアがない。

今回出走する有力馬「ゴールドドリーム」、「インティ」、「オメガパフォーム」

「チュウワウィザード」達の古馬G1ホルダー達とまだ交わったことがないため本当に強いいのかといった部分が疑問が残ります。

 

血統面も、父にゴールドアリュールを持ち、父型は問題ないのですが

ただ母方には、「欧州型のミスプロ系」ですのでチャンピオンズカップにおいては血統面ではmatchしているとは思えません。

 

 

以上の理由があって、クリソベリルは消しでいきます!

 

 

最終予想

 

 

 本命馬ゴールドドリーム」とします!

 

【本命根拠】

ローテ、血統そして、調教すべてのファクターにおいて完璧だと言う結論たがらです。

 

 

中京開催に変わってから、6年目になりますが、勝ち馬は、前走地方G1組が5連勝と好成績を残しており、ゴールドドリームが該当します。

2017年も同様のローテで、勝ち上がっていますし、最高のステップを踏めていると考えます。

 

血統についても、「THE チャンピオンズカップ血統」と言えます。

 

父 ゴールドアリュール

母 モンヴェール

 

父は「サンデー系」母は「ヴァイスリージェント系」

前回の予想ポイントで書いた、好走血統に該当↓

 

youzoukun.hatenadiary.jp

 

 

 

 

 

追い切りも、充実した内容でした。

 

1週前は「CW」コースで強めに追ってしっかりと負荷をかけ、そして最終追い切りは「坂路」で調整。

フットワークが力強くパワフルな動きでデキは最高とみました。

 

すべてのファクターにおいて完璧なゴールドドリームを本命にします。

 

 

 

 

 

 

対抗は「インティ」です。

 

前走みやこステークスに出走するも15着と、凡走

ただ、敗因は悲観するものではないと思っております。

 

敗因は
「ハンデ59kg」
「大外枠」
それに加え、熾烈な先頭争いで結果ハイペースとなり、前をいく馬達は総崩れになってしまったレース展開


いくら強くとも、あれでは勝てません。

前走は叩き台として、いいガス抜きになったかと。

 

 

今回同脚質の「メイショウワザシ」が出走回避したので、単騎逃げが想定され、条件は好転するかと。

 

単騎逃げできれば、相当強いと思いますよ。

 

 

 

今年の東海ステークスも、単騎逃げを慣行し

他馬を寄せ付けず、2着のチュウワウィザードを2馬身離しての快勝でした。

 

中京コース自体も、【2,0,0,0】と相性良し

 

今回は単騎逃げでレースを運べそうな「インティ」を対抗とします。

 

 

 

 

単穴▲でウェスタールンド」とします。

昨年は、4コーナー手前ではシンガリだったにもかかわらず、インコースを突き、上がり最速を計測し、2着と低人気を覆し大健闘しました。藤岡佑介騎手の好騎乗も光ったレース

 

血統面でも、好相性の「ヴァイスリージェント」系を内包しており、チャンピオンズカップにおいては好走が期待できます。

7歳の高齢馬ですが、キャリア自体はここまでトータル「25戦」と7歳馬にしては少なくまだまだやれると、思います。

 

展開次第な面も、ありますが決めての脚は使えるタイプの「ウェスタールンド」を▲評価に。

 

 

△評価に、「サトノティターン

印をつける最大の理由は、左回り実績が素晴らしいこと。

【5,1,0,1】

サウスポーなんでしょうかね。※右回りだと、パフォーマンスンを落とすんですが。

 

 

あとは、血統面に目を向けると、チャンピオンズカップのキーとなる「ヴァイスリージェント」系の血を持っているので、プラス材料。

 

左回り実績と、血統面において期待できる1頭です。

 

 

 

△評価「オメガパフューム」

JBCクラシック2着から挑んでくる今回の舞台です。

前走は惜しくも、ハナ差で2着に敗れました。

 

キャリアをみると、

去年は暮れの東京大賞典で初G1制覇

今年に入ってからは、帝王賞1着と着実に力を付けております。

 ただ、「ゴールドドリーム」や「インティ」のような強調材料がないため

△評価に留めておきます。

 

 

 

△評価「チュウワウィザード」

前走は、JBCクラシックで、「オメガパフューム」とハナ差決着を制し、勝利。

良い流れで、今回の「チャンピオンズカップ」を向かえます。

 

戦績自体は中央、地方合わせると【8,3,2,0】

キャリア13戦連続で、馬券内で、メンバー1の安定感

 

ただ、主戦で乗り続けていた川田騎手から福永騎手へ乗り変わりがマイナスだと考えます。あとは「オメガパフューム」同様に強調材料がないために△評価

 

 

 

 

 

以上が、最終予想と各馬の見解です。

最後までお付き合い頂きありがとうございます!

よかったと思ったらクリックを押していただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

 

今週も競馬を楽しみましょう!

それでは、また!